木多崇将 人に好かれる会話術

『人に好かれる会話術』木多崇将

人に好かれる会話術

木多崇将さんの提唱する方法が収録されている、「人に好かれる会話術」。このテキストを読むことによって、わずか90日で、たとえ口下手な人でも、うまく話ができるようになるのです。

 

初対面の人とは緊張してまったく話せなくなってしまう、会話が続かない、本音で語り合える友達がいない。こんな悩みを抱えている人はたくさんいると思います。しかし、うまく話ができるようになれば、これらの悩みは解決するはずです。そして、会話がうまい人というのは自然と人に好かれますから、友達や恋人が簡単にできるようになるのです。

 

人に好かれる会話術は、378ページという充実の教材。インターネットでの教材売上げランキングでは、会話術部門で1位になったことがあるほどです。2009年より販売されており、それから常に上位を保っている、人気のテキストなのです。

 

巷には、人とのコミュニケーションの取り方が書かれた本があふれています。しかし、どれも具体性を欠いた内容ばかり。なんとなく納得させられそうなことが書いてあるのだけれど、いざ実践してみようとなると、具体的には何をすればいいのか、わからなくなってしまうのです。

 

しかし、この人に好かれる会話術ならば、かなり具体的な内容が書かれています。まずは○○をして、次に□□をしなさい、といった感じです。
また、このテキストはPDF版と冊子版の2種類がありますから、自分にとって都合の良い方で購入することができますよ。

 

詳細はこちら


会話コンサルタントの木多崇将さんって?

 

会話コンサルタントである木多崇将さん。人に好かれる会話術を考案したのも彼です。

 

木多さんは4人兄弟の次男で、小さいときから人見知りの上、あまり感情をあらわにすることがなかったそうです。喜怒哀楽の表現がへただったために、いたずらをして怒られても泣くことがなく、ついついお父さんが手を出してしまうということが、良くあったそうです。また、ほかの兄弟3人は仲良く遊んでいても、1人でいることが好きな木多さんは、彼らとは一緒に遊ばず、1人で遊んでばかりいたとか。

 

そんな木多さんが高校生になったときのことです。学校での成績が、360人中359番という結果を出してしまいます。バスケ部に入ってもレベルについていけず、勉強もスポーツもできないということから、自信を喪失してしまいます。そのために、気が付けば学校で孤立し、友達が1人もいなくなってしまったのだとか。

 

その後、頑張って専門学校デビューを果たした木多さんは、男友達だけでなく女友達もできるのですが、それまで異性と2人きりでしゃべるということがなかったために、好きになった女性をデートに誘ったけれど、ろくに会話もできないまま終わってしまうのです。

 

会話のハウツー本などを100冊以上も読んだり、高額なセミナーにも参加しました。しかし会話は上達しません。そんなとき、とある恋愛セミナーで恩師と出会うことになるのです。その人のセミナーは、今まで見聞きしてきたものとは違ったために、木多さんは彼に弟子入りし、3年かけていろいろと学び、2009年に会話コンサルタントとして活動するようになったのです。