コミュ障爆砕バイブル(衣川清輔)※コミュ障の治し方・改善法を公開!

『コミュ障爆砕バイブル』衣川清輔

衣川清輔さんの「コミュ障爆砕バイブル」は、コミュニケーションを取るのが苦手だったり、テンションが低くノリが悪いという人でも、周りの人から信頼されたり、仲間と盛り上がったりできるようになる方法が収録されています。会話テクニックを習得して、たとえ口数が少なくとも相手からの信頼を得ることができるのです。

 

いわゆるコミュ障の人は、会話が続かないことを気まずく感じるので、親しくない人を避ける傾向にあると思います。初対面の人とうまく話せない、とい人もいることでしょう。しかし、衣川清輔さんの「コミュ障爆砕バイブル」があれば、すぐに人と打ち解けることができるようになりますし、異性とも楽しく話せるようになることでしょう。

 

知りあった人と仲良くなるには、何日も顔を合わせて徐々に親しくなっていく、と思っている人もいるかもしれませんが、誰かと仲良くなるには、1日もあれば十分です。そして人間関係を構築していけば、集団の中にいて自分だけ会話に入っていけないということもなくなるのです。

 

衣川清輔さん曰く、コミュ障を治すためには、会話への恐怖や相手から変な奴だと思われたくないといった不安や恐怖を取り除くことと、話の内容や会話の続け方といった技術的な問題を解決することが重要なのだそうです。これらを克服することによって、誰とでも楽しく話せるようになるのです。

 

「コミュ障爆砕バイブル」を読んでテクニックを学び実践することで、自信がつき会話を楽しめるようになることでしょう。

 

『コミュ障爆砕バイブル』公式サイトへ

衣川清輔

 

「コミュ障爆砕バイブル」の著者である衣川清輔さんは、現在はコミュ障を克服していますが、かつては重度のコミュ障で、中学生のころいはいじめられたこともあったそうです。友達もおらず人と話すことがなくなってしまったためか、話すことそのものが苦手になってしまったそうです。

 

高校生になると無理矢理明るいキャラクターを演じていましたが、それも長く続かず、また孤立してしまったそうです。好きな女の子に話しかけられてもうまく答えることができず、そしてその子が彼氏と歩いているところを見てショックを受けたことから、コミュ障を治したいと本気で思うようになったそうです。

 

大学デビューを決意した衣川清輔さんは、ネットや本で会話上達法を勉強したけれど効果がなかったそうです。世の中に出回っているコミュニケーションのテクニックは、普通に話せる人向けにできているからです。しかし衣川清輔さんの場合、人と普通に話せる能力がそもそも欠けていたのです。

 

そんなある日、元会話下手の人のブログに出会ったことで、人と会話することができるようになったそうです。あるちょっとしたコツを取り入れるだけで、相手の方からしゃべってくれるようになったのです。その後は女性とも気軽に話せるようになり、彼女を作ることにも成功したのです。

 

衣川清輔さんの「コミュ障爆砕バイブル」には、明るくなるために必要な心構えや、失敗する恐怖の克服法、自信の付け方、声を大きくする方法、話しかけてほしい人になる方法、人目を気にしないための心が構え等々、役立つことがたくさん収録されていますよ。

 

『コミュ障爆砕バイブル』公式サイトへ