笑いの会話術 山崎秀隆

笑いの会話術『ユーモア・コミュニケーション』山崎秀隆

笑いの会話術は、「ユーモア・コミュニケーション」というマニュアルを読むことで身につけることができます。
会話がなかなか続かない、沈黙が怖い、営業職なのにコミュニケーションを取るのが苦手、といった悩みを抱えている人におすすめなのです。

 

このマニュアルには、1日15分続けることで笑いの会話術を身につけられる方法が収録されています。
笑いの会話術が身に着けば、初対面の人にもすぐに好かれるようになるでしょう。

 

このマニュアルには、どんな会話にも使うことができる、200個以上のユーモア会話サンプル集が収録されています。これを覚えることで、自然と相手を笑わせることができるでしょう。

 

また、ネタに頼ることがなくとも、会話につまずかなる方法を知ることもできます。自分と接点のない人とも楽しく会話をする方法や、初対面の人とも一瞬で打ち解け、親友のようになれる方法も知ることができます。

 

他にも、最高の人間関係を構築するステップや、会話に対する苦手意識を取り除く方法等も収録されているのです。

 

このマニュアルは、ただ笑いの会話術が身に着くだけではありません。24時間365日ポジティブでい続ける方法も収録されているのです。
実は、ユーモアを身につけるにあたって心配事や悩み事は悪影響となるので、これは大いに役立つことでしょう。

 

さらに、周りからのネガティブの影響がユーモアの定着を邪魔することがありますが、このマニュアルがあれば、ネガティブな影響を受けずにユーモを定着させることができるのです。

 

笑いの会話術,山崎秀隆,ユーモア・コミュニケーション

笑いの会話術『ユーモア・コミュニケーション』公式サイトへ

山崎秀隆

 

山崎秀隆さんは、「ユーモア・コミュニケーション」の著者です。主にインターネットを通して、ユーモアや笑いを交えたコミュニケーションの仕方のアドバイスを行っているのです。

 

コミュニケーションの仕方を教えることができる人なら、きっと小さい頃から外交的だったのだろうと思うかもしれません。しかし、小さい頃の山崎秀隆さんは、むしり内向的で小心者だったのだそうです。

 

成長して自然と積極的な性格へと変わっていくでもなく、高校生になっても国語の授業の本読みに恐怖感を覚えるなど、とても臆病だったのだそうです。

 

高校卒業後は浪人生活を送っていた山崎秀隆さんは、お笑い番組を好んで見ていたそうですが、ふとお笑い芸人たちは恥ずかしさや劣等感、プライドや過剰な自意識などを持っていないということに気がついたそうです。そして彼らの真似をすることで、自分も明るく振る舞えるということがわかったのです。

 

無事に希望する大学に合格した時には、山崎秀隆さんはすでに別人のようになっており、人と会って話す際にも細かいことを気にしなくなったそうです。対面した際の緊張感も小さくなったことから、相手から好印象を持ってもらえるようにもなったのだそうです。
山崎秀隆さん曰く、対人関係に悩んでいる人は、まずは自意識過剰、劣等感、ちっぽけなプライドを取り払うことが重要なのだそうです。そうするだけでも、かなり楽になるのだとか。

 

山崎秀隆さんのマニュアルは、すべて彼独自のオリジナルノウハウを体系化したものです。他にはないものなので、とてもおすすめですよ。

 

笑いの会話術『ユーモア・コミュニケーション』公式サイトへ